So-net無料ブログ作成
検索選択

2008年映画 [Movie]

今年はどうも個人的にはパッとする作品がなく、
書くこともほとんどなかった。 年末のメモとして書いておく。

黒澤明のリメイクが2本あった。
『椿三十郎』と『隠し砦の三悪人』
最近日本映画が元気なので、興行的には失敗しなかったと
思われるが、

まずは、『椿三十郎』。
ミスキャストでしょう、これは。織田裕二も豊川悦司も。
というか、今の時代、ベストな配役が思いつかない。
期待を裏切らなかったのは、中盤の殺陣のシーン。
黒澤明ばりに、チャンバラにはなっていなかったのが
救い。
ラストの決闘シーンは、素直にオリジナルそのままの
ほうがよかったのでは?
オリジナルを最初に見たときの驚き、これを越すことは
難しいかもしれない。
一瞬で決まり、そして血がどばーっと噴出す演出。
これ、映画史に残る演出だと思うので、まー難しいですね。
森田芳光のチャレンジ精神に拍手のみ。
『家族ゲーム』を超えられる映画が作れるのはまだ先ですかね。
豊川悦司は『12人の優しい日本人』がおもしろい。


椿三十郎 通常盤 [DVD]

椿三十郎 通常盤 [DVD]





『隠し砦の三悪人』のほうは?????
阿部寛の配役は最初? だったが、悪くない。
長澤まさみ、えたくそ。
宮川大輔、悪くない。
松本潤、あの、サルみたいな髭、止めて欲しい。
圧倒的にオリジナル脚本のほうがおもしろい。
なんで監督さん、能力ないのにわざわざ話変えるかねー。
どうせ能力ないなら、スターウォーズのリメイクにでも
すればよかったのに。 今年の許せない映画No1 ですな。





しかし、今後も黒澤明のリメイクに挑戦する監督が出てくることを
期待している。


洋画は、『ドラゴン・キングダム』
ジャッキー・チェンとジェット・リーの競演。
いや、最初、ジェット・リーが孫悟空を演じているのがわからず。
そして、NYのお店のおやしがジャッキー・チェンだとは気づかず。
これ、わかっているだけでもこの映画の楽しみ倍増したと
思うのに、あー、気づかない自分がなさけなく。
日本のドラマや映画と違って、孫悟空がかっこいい。
これ国民性の違いか?
そして、ジェット・リーの孫悟空、けっこうハマっています。
本人、楽しそうだし。
タイムパラドックスの説明つかないところはこの際おいといて、
2008年話題作の中で、期待通りの映画はこれ一本であった。



ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD




nice!(0)  コメント(16) 

ゼブラーマン [Movie]

昨日夜中に(というか明け方に)TVで『ゼブラーマン』を見た。
話はいたって単純で、しかも原作がそうなのだから仕方ないが
裏側のヒーローの苦悩をまざまざと見せ付けさせられる勧善懲悪の
物語。
そういえば、最近は子供向けのTV番組が少ない。昔は

『ウルトラセブン』
『仮面ライダー』
レインボーマン』
『人造人間キカイダー
ロボット刑事K』

アニメでは
サイボーグ009』
『ガッチャマン』
デビルマン
『マジンガーZ』

等等、毎日のようにゴールデンタイムは子供の時間であった。

最近のゴールデンタイムといえば、バラエティ、お笑い、くだらないクイズ番組等。
いったい誰を相手に番組を編成してるのか?
TV局関係者に言いたい。
ニュース番組では教育問題をさんざん批判しているが、自身はそのためのアクションを
なんら起こさないでいる。
CMといえば、サラ金、保険、金、金、金ですか?
あなた方に問題意識があるのなら、昔の番組編成に戻してはいかがか?
TV局はTV局でやれることがあると思うのですがね。

ゼブラーマン

ゼブラーマン

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2004/08/06
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0) 

スターウォーズエピソード3/シスの復讐 [Movie]

スターウォーズエピソード3/シスの復讐をみた。
今頃と言われそうだが、今頃である。

うーん、最初のシリーズを知ってる人にはこの映画は退屈かもしれない。
結果がわかっている映画を見るのはなんとなくつまらないが、
逆にこの映画見ると、二人の子供の名前が出てくるので、
その後の最初のシリーズを初めて見る人にも面白さがなくなってくるような気がする。
ちょっとここは失敗だったんではないの? ジョージルーカス君。

また、最初のシリーズであっけなく敗れるオビワンが、今回は見せ場十分に奮闘する。
これもねー、どうですかね。

宇宙船同士の戦闘もねー。あんな近距離で。

と、難癖つけるのが簡単な映画であった。

救いは何故ダースベイダーがあんな体になってしまったのかきちんと描かれているくらい
だろうか?
あとは、ヨーダの立ち回りがかっこいいことであろうか?

シリーズものってやはり、よほどうまく作らないと、後世の話にしないとつまらないという
典型になってしまったようである。
素朴な疑問、チューバッカって最初のシリーズでは何歳になるのか?

☆二つ半


nice!(0)  コメント(0) 

アイランド [Movie]

アイランド
出演 ユアン・マクレガー 監督 マイケル・ベイ

ストーリーを書くとネタばれになるが、クローンの話だ。
クローンが世間で何故研究されてるかといえば、一番の理由は臓器移植だと思うが、
まー、生まれてきたからには人間だと思うのだな、私は。
どんな時代でも、倫理とか真理は変わらないと思う。

これからの医療は、クローンが先かDNA治療が先かでだいぶ違ってくるように思われる。
どちらも問題をいろいろ抱えていると思うが、真理を見失わないようにすることですね、
人間は。

映画の中でのセリフ、
”どんな世界でも一つだけ真理がある、女にカードを持たせないことだ”
これは、男、女あまり関係ないと思うけどね。
このセリフが映画の程度を表してる

機械が悪いのか、Discの作りが悪いのか、字幕途中で消えるし。

☆2つ半

アイランド

アイランド


nice!(0)  コメント(2) 

ハウルの動く城 [Movie]

ハウルの動く城 を見た。
宮崎 駿 監督

いやー、この映画難しくない?
子供がわかるかなー?
宮崎 駿の作品は大人も対象としていると思われるため、説明が結構省かれるのだが、
まー、昔からそうなので、それが彼のスタイルと言われれば、まーそうなのでしょう。

人物や飛行物体の雰囲気が昔から全然変わらず、見ていてほんのりするのだが、
大人のためのアニメもそろそろお願いしたい。
そうだな、”カリオストロの城”とか”紅の豚”みたいな。
世間向けのメッセージ作品はもういいと思うんですよね。
エンターティナーとしてがんばってほしい。

今回も映画として手を抜かず作っていますね。
秒間24コマ別々にちゃんと作画されていました。

☆3つ

ハウルの動く城

ハウルの動く城

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/11/16
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(3) 

宇宙戦争 [Movie]

宇宙戦争を見た。
出演:トム・クルーズ、ティム・ロビンス 監督:スティーブン・スピルバーグ

うーん、つまらない!!
だらしない父親、わがままな息子、泣き叫ぶ娘。
パニック映画の常套手段だが、古臭い。

ティム・ロビンスの出てくるシーンは必要だったのか?

宇宙人が負ける理由に関して、ストーリー内での掘り下げが足らない。
ぜんぜん説明なし。

お子様でも怒っちゃうんじゃないの? この映画。
スピルバーグ最低の映画と言ってもいいでしょう。
お薦めしません。

トム・クルーズとティム・ロビンスの会話の中に、
大阪では宇宙人を倒したらしい、と出てくるが、
どうせならスピルバーグお得意の日本人をコケにした形で
メガネかけて、カメラ吊るした大阪人が、
宇宙人を倒す話にでもしたほうが、よっぽど面白そう。

☆1つ半

宇宙戦争

宇宙戦争

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/11/09
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0) 

サハラ [Movie]

サハラ を見た。
マシュー・マコノヒー主演。

ミリオンダラー・ベイビーを見た後なので心うきうき楽しめました。
原作はクライブカッスラーだが、彼の作品は一度も読んだことがない。
本屋で結構目に留まるのだけどもね。

ドタバタ物なので、特に批評することもない映画だと思うが、
楽しいことは確かである。

鋼鉄船の大砲。きっと最後に使われるに違いないと思ったとおり使われる。
途中に出てくるクラシックカー。きっと使われるに違いないと思ったとおり使われる。
途中で見つけた壊れた飛行機。これは使われることはないと思ったら、
ウインドサーフィンに使われた。グッドアイデア。
男二人の楽しい会話での珍道中。
ドタバタ物の王道を行っていましたね。

☆2つ半

サハラ -死の砂漠を脱出せよ-

サハラ -死の砂漠を脱出せよ-


nice!(0)  コメント(0) 

ミリオンダラー・ベイビー [Movie]

ミリオンダラー・ベイビーを見た。
出演 クリントイーストウッド、モーガンフリーマン。監督 クリントイーストウッド。

ハッピーな映画だと思っていたら、悲しい映画でした。
昨日はどーんと落ち込んでしまったな。
でも年老いたクリントイーストウッドだから、この題材に取り組めたのだと思う。

年を取ってますます監督業に磨きがかかっているクリントイーストウッド。
年とってからのほうがセリフも多くなってきているようだ。
”許されざる者”でのアカデミー賞は、クリントファンの私でもあまり納得いかないが、
こちらは与えてもおかしくない。
誤解を与えるといけないので書いておくが、ラストがこれでいいかどうかということでなく、
誰もが真剣にこの問題を議論するべきだ、という問題提議した作品として
評価されるべきであるからだ。
過激なキリスト教信者の多いアメリカで、この映画がアカデミー作品賞ということも凄い。

☆の数は、カメラワークがあまり気に入らないので、下げました。
光と影の使い方は抜群ですが、私にはシーンの間が少し長かったり、気になることがあったので、
もう少し自然に撮ってもよかったんでは? イーストウッド様。

結構年いってるので、あまり映画に出れなくなってくると思うが、
スティーブマックィーンの遺作”ハンター”のように、
これぞイーストウッドっていえそうな映画もお願いしたい。

☆3つ半

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(2) 

バタフライ・エフェクト [Movie]

バタフライエフェクトを見た。

愛する者たちを救うために何度でも過去に戻る。
アイデアとストーリー勝負の久々に作り手の意思を強烈に感じた映画だった。

TVシリーズの”Tru Calling”もいいけど、ラストは結局ここに行き着くという感じで
私は好きです。この映画。

本来ならもっとハッピーな終わり方のほうが万人受けすると思うが、
私はこのエンディングでよかったと思う。
一生懸命やっても叶えられない人生。
ただ、その中でも最善の方法を探し、せいいっぱい頑張る。
人生はそんなものだと思う。頑張るということが大事なのだ。

エンディングの曲はオアシスの”ストップ・クライング・ユア・ハート・アウト”
エンディングにぴったり。やられたよ。

☆3つ半

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション


nice!(0)  コメント(0) 

キングダム・オブ・ヘブン [Movie]

キングダム・オブ・ヘブン を見た

オーランドブルーム、リーアムニーソン出演、リドリースコット監督

お金かかってます、この映画。 興行的にどうだったのか心配になるほどに。
12世紀、エルサレム攻防戦の話。
どこまで史実かどうか私にはわからないが、この手の話を作る場合、
リドリースコットのメッセージは、ブレードランナーの頃から一貫していると思う。
何が善で、何が悪か。 
宗教や権力に物怖じせず、主人公は自分の信じるがままに突き進む。
強靭な精神力。私には真似できない。
だからリドリースコットのファンは多いのだろうか?

ロードオブザリングのエルフ役だったオーランドブルーム、
主役をはれるようになったんだねー。
ただ、今回の作品、どこかピリっとしないと思うのは、
彼の影が薄いと感じた私だけだろうか?
演技が淡々としすぎて感情移入できないんだよね。

戦闘に参加せず、キプロスに去るティベリアス。
史実の人物かどうかわからないが、聖ヨハネ騎士団のその後を暗示させる。
余談になるが、聖ヨハネ騎士団の話は、塩野七生のロードス島攻防記がおもしろい。

☆3つ


ロードス島攻防記

ロードス島攻防記

  • 作者: 塩野 七生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1991/05
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。