So-net無料ブログ作成

フェルマーの最終定理 [Book]

フェルマーの最終定理 サイモン・シン著

本書は17世紀の人、ピエール・ド・フェルマーが
残したピタゴラスの定理から発展させた、以下の定理

X^n+Y^n=Z^n   nは3以上の整数
を満たすnは存在しない。

が、1994年にアンドリュー・ワイルズによって
証明されるまでの軌跡を綴ったものである。

難しそうな本のようだか、この実際の証明以外は
中高校生でも理解できる内容になっている。

フェルマーは、生存中に、この定理を証明したと
メモに残しているが、証明方法は残されていなかった。

この定理は、以後数々の有名な数学者、オイラー等も
含めて証明にチャレンジするが、証明されず、
ワイルズがやっと現代数学理論を駆使して
証明したというものだ。
ついでに、証明の過程で、日本人の谷山=志村予想
という、私にはなんのことかさっぱりわからんものまで
証明し、なんだか日本人も関わっていたのには
びっくりしたものだ。

数学の定理というものは、完全に証明されてそれが
定理と呼ばれる所以であるが、物理学、化学、工学
等の理論が、その上に立っていることを考えると、
えー、もしいままで証明されてきた、定理にひとつでも
穴があると、あーおそろしや、物理学、化学、工学
の理論が一挙に崩壊するということもありえるわけで、、、
完全性を求める数学の魅力っていうものがわからなく
もない。

今だ証明されていないものとして、
-全ての偶数は二つの素数の和である。
-ケプラーの球体充填問題
  (簡単に言えば、箱にみかんを効率よく詰めるにはって
  問題らしい)

等いろいろあるらしいが。


結局のところ、ワイルズは17世紀までの数学理論では
証明できなかったので、もっとシンプルにこの定理を
証明できる人が今後現れるかもしれない。

ところで、この定理、
なんの役に立つのですか???

著者の記述で気になる点は、プロとかアマチュアとか
日曜数学者とか、結構差別的な発言が目立つところで
ある。
数学のプロとは何ぞや? 理解不能

私に言わせれば、定理の証明って、単なるパズルでしょ
ってことだ。

あと、おもしろいのが、最近の定理証明はコンピュータの
計算による、消去法的な証明が増えてきているということ。
ええええ、こんな邪道なことを数学者がするのですか???

例えば、地図は4色以下の色で、塗りわけられる。

っていう定理も最近コンピュータによる計算で証明された。

ちょっとなさけないよなー。 プロの数学者さん。



フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

  • 作者: サイモン シン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。